葬儀社・斎場の選び方

基準・ポイントをおさえて納得のいく葬儀社選び

良い葬儀をするためのポイントは、良い葬儀社・斎場を選ぶことです。でも、その良い葬儀社や斎場をどのように選ぶのかというと、経験がないとなかなか難しいものです。 一般論で言うと、良い葬儀社・斎場とは、良い担当者がいて、丁寧な応対で、価格は明朗、内容についてわかりやすい説明をしてくれて、喪主・施主の希望にあった提案をしてくれる葬儀社です。こんな葬儀社を探すためには、事前に周りの経験者から情報を入手したり、インターネットで検索したりして、良さそうなイメージの葬儀社を数社ピックアップして、それら数社と事前相談をして、葬儀の見積りを取って比較をしながら選んでいくことになります。 また、葬儀に係る公的な資格を持っている担当者がいるというのも、葬儀社を選ぶときのポイントになります。

信頼できる業者の基準「資格」

葬儀社を選ぶときに、葬儀に係る公的な資格を持っている担当者がいるというのも、ポイントの一つになります。

気になるポイントは事前相談でチェックする

葬儀社を選ぶ前に、いくつかの葬儀社と事前に相談することをお勧めします。

事前相談前に確認しておきたいポイント

事前相談に行く前に、どのような葬儀をどんな規模でどんな場所でそのくらいの予算で行うのか決めておきましょう。

人気の記事

  • 葬祭ディレクターのお仕事

    葬祭ディレクターのお仕事
    葬儀の仕事に係る資格の中で、葬祭ディレクターは、葬儀の知識と技能を兼ね備え、葬祭サービスを提供するに相応しい人材であると認定している資格ですので、葬祭ディレクター資格者がいるというのは葬儀社を選ぶ際の有力な判断基準になります。
  • 見積を見て事前に比較検討

    見積を見て事前に比較検討
    良い葬儀社は、葬儀費用について内容を詳しく説明してくれて、個々の項目の詳細な見積書を出してくれます。追加の費用が発生する可能性がある項目についての説明もしてくれます。このような葬儀社数社から見積をもらって、比較検討することをお勧めします。