葬儀社・斎場の選び方

どのくらいの規模で行うのか、事前相談で納得の葬儀社、斎場選び

どのくらいの規模で行うのか

どのような規模で行うのかで、場所や費用も変わってきます。
事前に親族や会葬者がどの位の人数になるか確認しておきましょう。余裕があるのであれば連絡先リストを作成しておきましょう。緊急のときに役に立ちます。
親族や会葬者の人数によりお食事・返礼品の数が変わってきますし、斎場を使う場合は会場の広さが変わり、予算も変わってきますので、人数の把握は重要です。
親族のみで家族葬を行うという選択肢もありますが、家族葬の連絡を受けなかった人が後からクレームを言う場合がありますので、事前に確認をする事をおすすめします。

人気の記事

  • 葬祭ディレクターのお仕事

    葬祭ディレクターのお仕事
    葬儀の仕事に係る資格の中で、葬祭ディレクターは、葬儀の知識と技能を兼ね備え、葬祭サービスを提供するに相応しい人材であると認定している資格ですので、葬祭ディレクター資格者がいるというのは葬儀社を選ぶ際の有力な判断基準になります。
  • 見積を見て事前に比較検討

    見積を見て事前に比較検討
    良い葬儀社は、葬儀費用について内容を詳しく説明してくれて、個々の項目の詳細な見積書を出してくれます。追加の費用が発生する可能性がある項目についての説明もしてくれます。このような葬儀社数社から見積をもらって、比較検討することをお勧めします。