葬儀社・斎場の選び方

シニアライフマネージャーのお仕事、事前相談で納得の葬儀社、斎場選び

シニアライフマネージャーのお仕事

シニアライフマネージャーは高齢者をトータルにサポートするためにできた資格制度です。
高齢者の抱える個別の事情を踏まえ、介護や医療など生前に関することから、葬祭関連や供養といった死後に関することまで、高齢期に関連する範囲すべての相談窓口として長期的な信頼関係を獲得して、高齢者のサポートを行います。
また、高齢者と各種業者や行政機関との間を取り持って、利便性を図っています。
シニアライフマネジャーには、上級、1級、2級の資格があります。上級は1級資格者に受験資格がありますが、1級と2級の受験には実務経験等の制約はありません。

人気の記事

  • 葬祭ディレクターのお仕事

    葬祭ディレクターのお仕事
    葬儀の仕事に係る資格の中で、葬祭ディレクターは、葬儀の知識と技能を兼ね備え、葬祭サービスを提供するに相応しい人材であると認定している資格ですので、葬祭ディレクター資格者がいるというのは葬儀社を選ぶ際の有力な判断基準になります。
  • 見積を見て事前に比較検討

    見積を見て事前に比較検討
    良い葬儀社は、葬儀費用について内容を詳しく説明してくれて、個々の項目の詳細な見積書を出してくれます。追加の費用が発生する可能性がある項目についての説明もしてくれます。このような葬儀社数社から見積をもらって、比較検討することをお勧めします。