葬儀社・斎場の選び方

墓石ディレクターのお仕事、事前相談で納得の葬儀社、斎場選び

墓石ディレクターのお仕事

お墓ディレクターとは、一般の人に正しいお墓の知識を与え、適切なアドバイスができる墓石販売業に携わる人に与えられる資格です。その検定試験は、全国約1000社の石材業者・関連業者で組織する石材業界の全国団体「日本石材産業協会」によって主催されています。
お墓ディレクターは、日本のお墓文化の発展とお墓に関する正しい知識の普及を図るために作られた資格で、1級と2級があります。
1級の取得には実務経験7年以上の2級資格取得者であることが受検条件となります。2級は実務経験は問いませんが、お墓関連の仕事に携わっている人が対象となります。
検定試験ではお墓の種類や形状、歴史、石材の種類と加工法、墓地・埋葬に関する法律、葬儀や仏壇に関しての知識など、お墓に関連する幅広い知識が問われます。

 

一般の人はお墓についての知識をほとんど持っておらず、墓石の良し悪しについての判断がつきません。また、墓石工事に関しては建築基準法のような法律・法令が存在せず、指導監督庁がないことから、墓石販売店や石材店の独自の基準による工事・工法となっているという現状があります。 その点からも、お墓に関する正しい知識とアドバイスを与えてくれるお墓ディレクターの存在は重要です。

人気の記事

  • 葬祭ディレクターのお仕事

    葬祭ディレクターのお仕事
    葬儀の仕事に係る資格の中で、葬祭ディレクターは、葬儀の知識と技能を兼ね備え、葬祭サービスを提供するに相応しい人材であると認定している資格ですので、葬祭ディレクター資格者がいるというのは葬儀社を選ぶ際の有力な判断基準になります。
  • 見積を見て事前に比較検討

    見積を見て事前に比較検討
    良い葬儀社は、葬儀費用について内容を詳しく説明してくれて、個々の項目の詳細な見積書を出してくれます。追加の費用が発生する可能性がある項目についての説明もしてくれます。このような葬儀社数社から見積をもらって、比較検討することをお勧めします。