葬儀社・斎場の選び方

納棺師のお仕事、事前相談で納得の葬儀社、斎場選び

納棺師のお仕事

納棺師(のうかんし)は、死者を棺に納めるために必要な作業を行う職種であり、資格試験等はありません。映画『おくりびと』でその存在が広く世間に知られることとなりました。
納棺師の仕事としては、主に葬儀社からの依頼で火葬までの遺体の状態を管理しつつ、遺族や参列者等が故人と対面できる様に遺体の見栄えを整えることです。具体的には、ドライアイス等で内臓や体全体を冷やし腐敗の進行を抑えたり、表情を整え臭いを抑える含み綿、経帷子等の衣装に着替えさせ顔剃りや化粧をするなどです。事故等の変死体の場合は遺族のショックを和らげるような処置を施します。
地域によって、葬儀の習慣が違うこともあるため、納棺師の仕事もその地域ごとの儀礼に則したものになります。

人気の記事

  • 葬祭ディレクターのお仕事

    葬祭ディレクターのお仕事
    葬儀の仕事に係る資格の中で、葬祭ディレクターは、葬儀の知識と技能を兼ね備え、葬祭サービスを提供するに相応しい人材であると認定している資格ですので、葬祭ディレクター資格者がいるというのは葬儀社を選ぶ際の有力な判断基準になります。
  • 見積を見て事前に比較検討

    見積を見て事前に比較検討
    良い葬儀社は、葬儀費用について内容を詳しく説明してくれて、個々の項目の詳細な見積書を出してくれます。追加の費用が発生する可能性がある項目についての説明もしてくれます。このような葬儀社数社から見積をもらって、比較検討することをお勧めします。