葬儀社・斎場の選び方

葬祭ディレクターのお仕事、事前相談で納得の葬儀社、斎場選び

葬祭ディレクターのお仕事

葬祭ディレクターとは、厚生労働大臣が認定する葬祭ディレクター技能審査に合格することにより認定される称号です。葬祭ディレクターの称号を持つということは、すなわち、葬儀の知識と技能を兼ね備え、葬祭サービスを提供するに相応しい人材であると認められているということです。
葬祭ディレクターには1級と2級の称号があります。
2級は、葬祭実務経験が2年以上ある人に受験資格があり、個人葬における相談、会場設営、式典運営等の葬祭サービスの一般的な知識と技能を保有しているか判定をされます。
1級は、葬祭実務経験が5年以上ある人か、2級合格後、2年以上実務経験のある人が受験対象となり、全ての葬儀における相談、会場設営、式典運営等の葬祭サービスの詳細な知識と技能を保有しているか判定されます。
実際の試験内容は、学科試験と実技試験の二本立てとなっています。
学科試験では、葬儀に係る仕事の内容について、意味も含めて正確に理解できているかを判定します。なおかつ、社会的環境・公衆衛生・法律・行政手続・遺族心理・宗教等の関連知識の有無も判定します。
実技試験では、葬儀式場設営のための基礎能力を評価するために「幕張」の実技、葬儀の担当者としてのお客への基本的な応接能力を評価するために「接遇」の実技、葬儀運営のための基礎能力を評価するために「司会」の実技を行います。その上で、サービス提供に必要な一般常識やマナーの基本が理解されているかを確認するために実技筆記の試験があります。

人気の記事

  • 葬祭ディレクターのお仕事

    葬祭ディレクターのお仕事
    葬儀の仕事に係る資格の中で、葬祭ディレクターは、葬儀の知識と技能を兼ね備え、葬祭サービスを提供するに相応しい人材であると認定している資格ですので、葬祭ディレクター資格者がいるというのは葬儀社を選ぶ際の有力な判断基準になります。
  • 見積を見て事前に比較検討

    見積を見て事前に比較検討
    良い葬儀社は、葬儀費用について内容を詳しく説明してくれて、個々の項目の詳細な見積書を出してくれます。追加の費用が発生する可能性がある項目についての説明もしてくれます。このような葬儀社数社から見積をもらって、比較検討することをお勧めします。